Japan Geochronology Network
地球年代学ネットワーク公式ホームページ 【jGnet】

投稿者:

地球史研究所の研究活動と整備状況(2017年度)

2018年3月15日 (活動記録)

  1. 研究活動(準備中を含む)
    • 乙藤洋一郎所長
    • マツダ財団事業助成研究「赤磐市を地球科学する」
      地球磁場の変動研究(蒜山地質年代学研究所との共同研究)

    • 板谷徹丸研究員
    • 人類紀精密年代測定(カリウム・アルゴン法)の研究開発

    • 蜷川清隆研究員
    • 大気組成変化(ラドン測定)の研究

  2. 機器・施設の整備(事務局)
  3. 搬入済み機器備品
  4. ジョークラッシャー、小型カッター、ボール盤、恒温槽、
    篩い一式、超音波洗浄器、原子吸光(炎光光度計)、
    スピナー(地磁気測定)、ラドン計測器一式

  5. 施設の修繕・新設
  6. カーペット貼り換え・間仕切り(3階所長室/事務室)、
    電気配線、照明設置(屋外プレハブ小屋)、正門名称プレート、
    建物壁面大看板新設

コメントは停止中です。