【5】ジオトピア

ジオトピアは、地球史研究所の敷地を有効活用した地域おこし活動の一つです。地元に開かれた公園となるバラ園、農業研修ができる果樹園、参加者に解放する菜園などを整備しています。全集中で取り組み、2020年4月から2021年3月末までの1年間に36回の活動を行いました。

期 間: 2020年4月〜2021年3月
担 当: 事務局と理事会
<活動内容>
・公園化を目指した整備(グラウンド南東部のバラ園)
・農業研修の場としての整備(旧テニスコート場の果樹園エリア)
・農業体験の場としての整備(旧温室周辺の菜園エリア)

 

地球史研究所の整備後は、赤磐市是里地区および熊山地区での活動に取り組み、吉井川流域ジオパーク構想(2020年9月末で協議会は解散)に代わる新たな協働活動の柱とする予定です。

新芽が現れ出した頃の研究所周辺の風景

新芽が現れ出した頃の研究所周辺の風景

バラ園の拡張中

バラ園の拡張中

ガゼボの基礎づくり

ガゼボの基礎づくり

レイズドベッドの製作

レイズドベッドの製作

完成したレイズドベッド

完成したレイズドベッド

モッコウバラの剪定

モッコウバラの剪定

満開のバラの季節がやってきた

満開のバラの季節がやってきた

芝生のような緑のグラウンド

芝生のような緑のグラウンド

刈り取った草木は燃やさず回収へ

刈り取った草木は燃やさず回収へ

裏門への通路

裏門への通路

草刈り直後の法面

草刈り直後の法面

満開のツツジ

満開のツツジ

収穫が近い梅の実

収穫が近い梅の実