【会員専用】地球史研究所の開設について

 旧備作高校は平成19年に閉校後、一度も利用されないまま現在に至っており、地元地区、赤磐市および岡山県がその有効活用を強く望んでいた施設です。昨年4月に赤磐市において「旧備作高校跡地活用方針」が定められ、9月議会で同跡地の取得と関係補正予算が満場一致で議決されたことから、10月に旧備作高校跡地活用事業が公募されました。応募条件は、(1)教育施設として活用すること、(2)事業主体は公共的団体(NPOを含む)であること、(3)事業内容が地域に貢献するものであること、そして(4)災害発生時における避難場所等に協力することでした。jGnetの組織とその提案内容は上記の条件をすべて満たしており、赤磐市から高い評価をいただきました。事業提案書とその付属資料である別途用語解説集を示します。

(資料1)提案書

(資料2)別途用語解説集

(資料3)新聞報道

 これでjGnetの設立時からの課題であった「研究活動拠点の確保」に目処が立った訳ですが、来年度からは実際にその施設の整備・管理・運営が始まります。jGnet理事会ではその施設(地球史研究所)を会員の皆様に提供し、有効利用していただきたいと考えています。施設の利用に関する詳細は後日改めてお知らせします。ここでは施設の構成と間取図案(部屋割は仮です)を公開しますので、研究試料・図書の保管や分析装置の開発あるいは個人研究室としての利用等をお考えの方は、参考にしてください。

(資料4)間取図案(仮) [施設の写真] 

研究拠点(廃校)の確保

<概要>

jGnet理事会は,前期の終わりから活動拠点となり得る施設(廃校)を求めて,吉備中央町,岡山市,瀬戸内市および赤磐市(いずれも岡山県南部の自治体)の関係部署と協議を重ねてきました.その経緯の一部は竹下・板谷(2015)にまとめていますので,ぜひご参照ください.
協議を行った4つの自治体の中で,私達との連携に最も積極的だったのは赤磐市でした.余談ではありますが,赤磐市長は岡山大学で工学博士号を取得した研究者であり,さらに技術士資格を有している専門技術者でもあります.地球科学の現状を理解されているおそらく唯一の市長です.赤磐市の全面的なバックアップのもと,研究拠点の今年度中の確保に目処が立ってきました.現在は,その拠点で実施する具体的な事業内容と予算の計画を立てているところです.

<参考資料>

  1. 研究拠点の確保を目指した活動例(竹下・板谷,2015)
    →PDFはこちら
  2. NPOの設立準備から初年度の活動(板谷,2015)
    →PDFはこちら

<これまでの経緯>

● 2015年
1月:吉備中央町の3つの廃校を見学後,利用計画書を作成して提出.
2月:岡山県教育事務所にて県内の廃校情報を取得.岡山市と瀬戸内市の廃校を見学.
3月:岡山市に廃校利用計画書(地球科学系博物館構想)を提出.
5月:都市計画法の壁を越えられないため岡山市での廃校利用計画を断念.
6月:瀬戸内市の廃校を対象とした再利用計画書(地球科学系研究所構想)を提出.
(7月〜9月:国際連携事業に取り組んだため拠点探しはお休み)
10月:赤磐市の廃校と支所の一部を見学.地球史研究所構想を作成.
11月:協議先を赤磐市に絞り,地球史研究所を中核施設としたジオパーク構想をまとめる.
12月:赤磐市の地質概査と地質情報のコンパイル.
● 2016年
1月:引き続き,赤磐市の地質概査と地質情報のコンパイル.
2月:赤磐市地域の地史をまとめた広報資料(チラシ)を作成.
3月:乙藤会員が赤磐市へ移住.
4月:具体的な活動計画の作成へ

研究拠点での事業計画の策定にご協力いただける方は事務局(office@jgnet.org)へお申し出ください.

第2回社員総会開催

2015年5月26日に第2回社員総会を開催いたしました。正会員28名中、出席者8名、書面表決者20名で決議を行いました。
平成26年度の事業報告・活動計算、平成27年度の事業計画・活動予算の審議等を行いました。詳細については、議事録をご参照ください。

giji

第1回社員総会開催

IMG_4385

2014年5月1日に第1回社員総会を開催いたしました。13名の方にご参加いただき、認証と登記完了についてご報告いたしました。
また、今後につきまして収益事業に関する基本事項の確認についての議決と、会員登録と入会金と会費の徴収に関するご連絡をいたしました。